INFORMATIONお知らせ

支える側へ

 HikarieOPENから半年が経ちました。5月には2事業所となり保護者様、関係者様に支えられ今では毎日定員一杯の状態でお子様と活動できることを大変感謝しております。夏には、イベントを実施し、多くの保護者様のボランティアの参加により成功することができ、日々の活動でも、変化を恐れることなくより実態に合った活動を精選して行うことができるようになってきました。

 学習塾(Clam school)は、中学生を中心に真摯に学習に取り組み、最後の15分は自己理解の時間を設けHIKARIEならではの新たな挑戦を地道に頑張っています。保護者の皆様お忙しい中、日々の送迎を誠にありがとうございます。

 さて、今回紹介するのは、放課後等デイサービスU12を対象とした新たな取り組みです。1日限定にはなってしまいますが、第一弾として「一般社団法人ONEART」さんとのコラボ企画です。「ONEART」さんは、障がいのある方がアートを発表したり、それを支援したりする活動を行っておられます。ご縁があり、「けみ芥見氏」を東京よりお招きし、HIKARIEの子供たちと一緒に「お絵描き」を行います。ご指導の下描いた絵を持ち帰っていただき、ARTに輝かせてもらいます。その後、展示会や販売会を実施していただき、そこで出た収益を「奨学金」という形で、参加したHIKARIEの子供たちのご家庭へ分配します。まさに、社会的に障がいを有する子の持てる力を誰かが手を差し伸べることで活かしていけることを理念の一つとして考えているHIKARIEにとって本企画はその縮図であると考えています。

     

 次に、第二弾として、子ども達が描いた絵をARTにしてもらい、今度は病室等に寄贈し、入院している子どもたちを支えることができたらと考えています。社会的には、障がいを有する子は「支えられる側」と認識されがちですが、方法次第では十分「支える側」になれるということを社会全体に広めていきたいと考えています。第二弾はもう少し先ではありますが、地道な活動を頑張っていきたいと思っています。

 

 

お知らせ一覧へ