SERVICE放課後等デイサービス・児童発達支援 / Cram school(学習塾) / 家庭教師派遣

Introduction

紙飛行機のイラストHIKARIE1st

紙飛行機のイラストHIKARIE2nd

HIKARIE 1st HIKARIE 2nd パースイラスト

紙飛行機のイラストHIKARIE1st

紙飛行機のイラストHIKARIE2nd

History
2021.04.01
HIKARIE 1st OPEN
2021.05.01
HIKARIE 2nd OPEN
Adress
〒501-0406
岐阜県本巣市三橋1044-37
Tel.058-338-8753
Google Maps

紙飛行機のイラストHIKARIE3rd

2022.04.01
OPEN予定
HIKARIE 1st HIKARIE 3rd パースイラスト

紙飛行機のイラストHIKARIE3rd

2022.04.01
OPEN予定
History
2022.04.01
HIKARIE 3rd OPEN
Adress
〒501-0406
岐阜県本巣市三橋1100-59
Google Maps

サービス内容

放課後デイサービス・児童発達支援イメージ画像

Strength

支援者の専門性

  • 特別支援教員免許の中でも最上級である専修免許を所持している職員がいます。
  • 大学院で特別支援教育を学んだ者が1名、大学で特別支援教育を学んだ者が1名います。
  • 上記の職員が中心となり、他のスタッフに定期的な研修を受講してもらい、適切な支援が平等にできるシステムを構築しています。
  • 特別支援学校教諭歴10年以上の職員が2名居るため、学校での課題やどのように進路選択をしていくか教師目線をもって本音で話すことができます。

活動内容の捉え方

  • お子様を休憩させるという時間ではなく、学校で補えなかった力の育成、お子様の課題にスポットを当てカリキュラムを作成します。
  • 定期的に保護者様とのヒアリングを実施し、共通理解を図っていきます。それぞれがそれぞれの考え方ではお子様も混乱してしまいます。学校、家庭、事業所がしっかりと共通した認識をもって支援していきます。

環境とシステム

  • 私たちは、環境面に最大限の配慮をします。テナントの狭い1つを借りて提供する事業所ではなく、誰もが通いたくなるような建物を準備しています。
  • 開かれた事業所を目指しています。そのために、独自のシステムを構築し、活動内容を保護者様が自宅でスマートフォン、タブレットで視聴できるようにします。

各コースの紹介

HIKARIE U12 放課後等デイサービス(6歳~12歳対象)

学習コース

  • 教科学習
  • 遊び&運動
  • 読み書き特化学習
  • ソーシャルスキル
  • ものづくり

生活コース

  • 日常生活訓練
  • コミュニケーション
  • ストレッチ
  • リトミック
  • クラフト

HIKARIE U18 放課後等デイサービス(13歳~18歳対象)

学習コース

  • 主要教科学習(国数英)
  • 検定対策
  • ソーシャルスキル
  • 体つくり運動

就労準備コース

  • 日常生活訓練
  • 作業学習
  • ビジネスマナー
  • ソーシャルスキル

HIKARIE U12 児童発達支援(未就学児)

児童発達支援

  • 基本的生活習慣の習得
  • 運動支援(体ほぐし)
  • 創作活動
  • 遊びの時間(設定遊び)
  • 読み聞かせ
  • 戸外活動

学習活動内容例

HIKARIE U12 放課後等デイサービス(6歳~12歳対象)

教科学習

苦手分野の克服できるように、個に応じてじっくり時間をかけたり教材を工夫したりしながら丁寧に学習を進めていきます。

遊び&運動

遊びや運動を通して、体力の向上、身体のスムーズな動かし方、またゲームのルールや友達との適切なかかわり方等を楽しく学んでいきます。

読み書き特化学習

LD(学習障害)のお子様に読み書きをじっくり学習します。すべてをできることを目標にするのではなく、最重要課題(例えば、家族の名前を漢字で書ける、住所を書ける、自己紹介文を書ける等)を精選して練習していきます。

ソーシャルスキル(SST)

友達やスタッフとのかかわりを通し、学校生活や社会生活において他者と円滑にかかわることができることを目標に社会的技能を実践方式で分かりやすく学習していきます。

ものづくり

中学部『作業学習』に向けて、物を作ることを経験します。プラモデル作りや巾着袋作り等、自分の作りたい物を選んで作成したり、一つのものをみんなで作成したりしていきます。

日常生活訓練

日常生活動作(食事・更衣、移動・排泄・整容)にまつわる事を中心に学習します。特別支援学校で1日1~2時間目に日常生活の指導が授業で行われていますが、学校と連携し、同じ視点で支援をします。

コミュニケーション

遊びやゲームを通して、人との適切なかかわり方を楽しく学びます。また、状況に応じた話し方や応じ方を一つ一つ丁寧に学習していきます。

ストレッチ

体育の教員免許を所持した職員を配置し、運動の実践を通し、体力の向上、ストレスの緩和、体のスムーズな動かし方を目標に取り組みます。

リトミック

音やリズムに合わせて身体を動かし、身体の可動域の広がり、コミュニケーション能力アップ、社会性が身につくことを目標に行います。

クラフト

手指の巧緻性を高めたり、物を作り上げる達成感を味わったりできるように、ビーズ通しや刺し子等の手指を使った活動を行い、作品を作り形に残していきます。

HIKARIE U18 放課後等デイサービス(13歳~18歳対象)

主要教科学習(国語・数学・英語)

宿題を一緒に解くことで、授業で躓いているところを確認する。その復習に当てられそうな教材を準備し、次週、もしくは宿題の無い日等にその教材に取り組み、学校の授業の定着を図ります。

検定対策

遊びや漢字検定、英語検定の合格を目指し、検定試験に挑戦します。その成功体験を通して自信につなげることもねらいの一つです。希望者があれば、ワープロ検定も視野に入れています。

パソコンスキル

タイピング練習を中心に、文字入力、Word・PowerPointの使い方を学んでいきます。また、ワープロ検定の資格取得も可能です。

体つくり運動

体育の教員免許を所持した職員を配置し、特に体つくり運動、体ほぐし運動に力を入れ、体の調整、心身の健康を保てることを目指していきます。

日常生活訓練

日常生活動作(食事・更衣・移動・排泄・整容)にまつわる事を中心に学習します。特別支援学校で1日1時間~2時間日常生活の指導が授業で行われますが、学校と連携し、同じ視点で支援をします。

作業学習

特別支援学校では、同じ作業学習を3年間行うことが基本となるため、違う作業種を経験できる機会がほとんどありません。多作業種を経験し、楽しく巧緻性、注視力、継続性等を養うとともに、作業をすることを好きになってもらいたいと願っています。

ソーシャルスキル

ソーシャルスキル(SST)は、社会で人と人とが関わりながら生きていくために欠かせないスキルを身につける訓練をしていきます。先ずは知識として学んでから、実際にコミュニケーション、対人関係をケーススタディします。

ビジネスマナー

働く上での職業教育に特化した学習を行います。現場実習に向けてのノートの書き方、挨拶の仕方、将来働く上でのビジネスマナーを学んでいきます。

HIKARIE U6 児童発達支援

基本的生活習慣の習得

食事、更衣、移動、排泄等の身辺自立に必要な訓練を繰り返し行い、定着を図ります。一人ひとりの課題に応じて、スモールステップで学習を進め、成功体験をより多く積むことができるように支援します。

運動支援(体ほぐし)

散歩や外遊び、粗大運動を通じて、体力づくりを中心に一人ひとりの発達の特性を踏まえた身体作りを支援します。「楽しい」「もっとやりたい」という経験をたくさん積み、学ぶ意欲を育んでいきます。

創作活動

粘土や絵の具等の素材遊びを通じて、手指を使うことで発達を促す支援をします。また、表現することの楽しさを学び、「こんな風に作りたい」という創作意欲を伸ばします。

遊びの時間

まねっこ遊びやおはなし遊び等、年齢に応じた遊びを行います。支援者や友達と一緒に様々な遊びに取り組み、保護者様以外の人とのかかわりを楽しむことを支援します。

読み聞かせ

感情を豊かにしたり、集中力が身に付いたりするように、絵本や紙芝居の読み聞かせを習慣化して行います。支援者も一緒に楽しみながら、絵本に親しむことの楽しさを伝えていきます。

戸外活動

外で自由に体を動かしたり、支援者の動きを真似したりしながら、ダイナミックな体の動かし方を楽しく習得しできるように支援します。

一日の流れ

HIKARIE U12 HIKARIE U18 放課後等デイサービス

一日の流れ(平日)

14:30~ 送迎
15:00~ 自由時間・アイスブレイク
15:30~ 活動(1)
16:30~ 休憩
16:45~ 活動(2)
17:30~ 帰宅準備
17:45~ 送迎

一日の流れ(学校休校日)

9:15~ 送迎
9:30~ 選択活動
10:00~ 活動(1)
12:00~ 昼食・休憩
13:00~ 活動(2)
15:30~ 帰宅準備
15:45~ 送迎

※学校休業日は、事業所外学習、体験活動も予定しています。

HIKARIE U6 児童発達支援

一日の流れ(平日)

9:30 登園
9:30~ 健康チェック、身辺整理
10:00~ 始まりの会・体ほぐし
10:30~ 活動(1)
11:30~ 昼食・歯磨き・休憩
13:00~ 活動(2) 13:00~14:00
マンツーマン
個別療育
※予約制
13:45~ 帰りの会・おやつ
14:00~ 降園

一日の流れ(土曜日・祝日)

9:30 登園
9:30~ 健康チェック、身辺整理
10:00~ 始まりの会・体ほぐし
10:30~ 活動(集団)
11:45~ 帰りの会
12:00~ 降園

ご利用までの流れ

対象

岐阜地区、西濃地区、中濃地区に住む未就学児、特別支援学校小学部、中学部、高等部の児童生徒及び小学校、中学校、高校に通う発達につまずきがあるお子さま(通所受給者証が必要です。)

利用までの流れ

利用料金

世帯所得 月額お支払い
非課税世帯 0円
約890万円以下 4,600円
約890万円以上 37,200円
学習塾のイメージ画像

Cram school HIKARIE(学習塾)Cram school HIKARIE (学習塾)

Cram school HIKARIE(クラムスクール・ヒカリエ)とは、軽度の障がいを有するお子様が通うことのできる学習塾です。

現在、岐阜県では、市によって放課後等デイサービスを利用できる日数や受給者証の発行の制度が異なっています。そのため、もっと利用したくても、日数が限られているため継続した利用ができない・・・通常学級に在籍しているため受給者証が交付されないから、サービスを利用したくても利用することができない・・・という現状があります。特に通常学級に在籍する軽度の発達の遅れがみられるお子様は、学習についていくことに困難はあるものの、友達とのコミュニケーションは積極的にとることができ、集団活動や行事への参加等は問題なくできるため、小学校低学年の段階だとまだ集団活動を優先したいと考える保護者様も少なくありません。しかし、いざ学習面を学校以外の場で補おうとすると、一般の学習塾では個別対応が難しかったり、軽度の発達障害へのアプローチが困難であったりと、通うところが限りなく少ないというのが現状です。

私たちは、そんな軽度の障がいを有するお子様を対象とした学習塾Cram school HIKARIEを展開していきます。

Cram school by HIKARIE

For example

学習障がい 書くことにスポットを当てた学習がしたい
ADHD傾向 離席があるから迷惑かけるかもしれない
軽度知的障がい 理解に時間がかかる、集中するのが難しい
精神疾患 他人が気になるから配慮してほしい

等、前向きに受け入れますのでご相談ください。

  • 対象者は小学校(小学部)1年生~中学校(中学部)3年生です。
  • 時間は、14:30~18:00内の2時間となります。
  • 利用日数、料金、送迎については、お問い合わせください。
  • 受け入れの人数は限りがあります。
  • 受給者証は必要ありません。
Cram school HIKARIEのイメージ写真

お申込み・お問い合わせ

お気軽に電話もしくはメールにてご連絡下さい

Cram school HIKARIEのイメージ写真
家庭教師のイメージ画像

家庭教師家庭教師

健常者と障がい者も平等に「学ぶ」機会が与えられるべきであると強く思っています。その中の課題の1つに塾に通いたくてもお子様の実態として自力で通うことが困難であったり、親御さんの生活スタイルから送迎が困難であったりという現状があります。健常者では当たり前に1対1の家庭教師を付けて学習をしていますが、私たちは障がいを有するからこそ1対1でそのお子様の実態に合った進め方で学習を行うことがベターではないかと考えています。放課後等デイサービスとは違って国からの補助金は現在ありませんし、実費となります。しかし、ノーマライゼーションの観点からすれば、障がい者も健常者と同じようにお子様の学ぶことに投資するのは当たり前のことだと考えています。それが、高校受験や大学受験のための家庭教師ではなくても、お子様の将来就職に役に立つ学習であったり、人間関係に役に立つ学習であったりと最終的には社会に出て生きていくための投資です。それが、受験であるか就職のためであるか行きつく先は同じであると考えます。

私たちは、県内で初めて障がいを有する方のみに特化した家庭教師派遣事業を展開していきます。

Tutor by HIKARIE

学習活動内容例

学習コース 強化したい学習、苦手な学習を教師と相談して決めます。
ソーシャルスキルコース コミュニケーション、対人関係をケーススタディします。
ビジネスマナーコース 働く上での職業教育に特化した学習を行います。
読み書き特化コース LD(学習障害)のお子様に読み書きをじっくり学習します。できないことは代替する練習をしていきます。

ご利用までの流れ

対象

岐阜地区、西濃地区、中濃地区に住む特別支援学校小学部、中学部、高等部の児童生徒及び小学校、中学校、高校に通う発達につまずきがあるお子さま

利用までの流れ